赤ちゃんの五感を育てるお散歩

我が家は5か月くらいから、抱っこひもでのお散歩が日課になっています。

お散歩といっても、本当に近所を20分程度歩くくらいなので、さほど疲れません。

赤ちゃんは1歳までに脳がかなり発達すると聞くので、なるべく五感を育てるようにいろいろ試しています。

例えば、花。花は季節ごとに匂いや色、形が異なります。

今日は、甘い匂いのする花をいっしょに匂い、いい匂いだねと話しかけました。

そして、葉っぱ。ギザギザしていたり、フワフワしていたり。こちらもいっしょに触れて感触を楽しみます。

虫の声も聞かせます。ミーンミーン、リーンリーン、ジジジといろいろな音が聞こえます。

ときには雨が降りますが、雨の日もいつもと違う風景が広がって楽しいですよ。

雨に赤ちゃんの手を当てます。ポツポツと雨水が手に当たり、なんだろうなという表情を浮かべます。

雨が上がると、葉っぱに付いた水滴を触らせることもあります。

お散歩の時間帯を変えるのもいいですよ。

朝の気持ちがいい空気。日差しのキツイ昼間、薄暗い夕方。

我が家はこうやってお散歩しています。

でもだんだん重くなってきたので、かなり肩が凝ります。抱っこでお散歩できるのも、あとわずかですね。

赤ちゃんの五感を育てるお散歩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です